タイトル:ギャルが落語家に恋したら 寄席
第四回:『猿後家』

『猿後家』とは…

とある商家の後家さんは気立ての良い好人物であったが顔が猿に似ているという大きな欠点があり、本人もそれを大変気にしていた。当然、彼女の前で“サル”は禁句。使用人たちは気を揉みながらつかえていた。
ある時、彼女に取り入りたい者がやってきて、彼女を褒め称えようとするのだが…。

視聴する[mp3:2016年3月28日 新宿末廣亭にて録音]

カット:ギャルが落語家に恋したら
タイトル:『ギャルが落語家に恋したら』(一色美穂)

【あらすじ】
イマドキの女子高生、銀子はひょんなことから若手落語家の虎ノ門新橋に恋に落ちてしまう。落語のことなど何も知らない銀子、果たしてこの恋の行方はどうなってしまうのか!!?

ボタン:お試し読み&ご購入はこちらから