〜手塚衛のお料理教室〜
第1回:信州の郷土料理『やしょうま』をご紹介!
写真:信州の郷土料理『やしょうま』 基本の生地
・上新粉(米粉) 250g
・砂糖 50〜80g(※)
・塩 2つまみ
・熱湯 200cc
応用<色付け>
・ゆかり、青のり等 大さじ1〜2
・食紅等の色粉 少々
(小さじ1の水で溶いておく)
※ゆかりや青のり等で色を付ける場合は50g
色粉を使う場合は60〜80g、お好みで

基本の生地

1
上新粉、砂糖、塩をボウルに入れて軽く混ぜ、熱湯を4回に分けて箸や木べらで混ぜながら入れる
2
みみたぶの柔らかさになるまで手でこねる(熱いので注意)
3
生地がまとまるまで、しっかり捏ね、4等分にする
4
底に布巾を敷いた蒸し器で20分ほど蒸す
5
布巾ごと水を張ったボウルに付け、粗熱をとる(冷ましすぎないように注意)
6
触れる温度になったら水を付けたすりこ木で着くように捏ねる
7
生地がまとまったら手で捏ねまとめる
生地完成。

応用

1
完成した生地に色粉を練りこんだり、ゆかり・あおのりを練りこみ、細長い棒状にする。
2
食べやすい大きさに切って完成。(タコ糸で絞めるように交差させて切ると包丁で切るよりも形が崩れません)
写真:やしょうま

模様の作り方

1
色を付けた生地を細い棒状に束ね、薄く伸ばした生地で包み、棒状にします。
(例:黄色の細棒4、オレンジの細棒4、茶色の中太棒1を合わせてひまわり)
写真:やしょうま図案
写真:やしょうま
食べるときはそのまま食べても、お好みで砂糖醤油などをつけてもおいしい。できたてが一番だけど固くなったらフライパン、トースターやレンジで温めても。
穂苅くんやしょうまの完成です!食べるのがもったいないですね。